上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.29
今日は、夜からマダイを狙って釣行しようと思ったのですが、天気が崩れる様なので、昼過ぎからの釣行で夕方までキス、夕マズ目でマダイを狙う事にしました。
まず、キスですが前回行った場所と違う場所に行って見たのですが、ほとんどアタリが無く、早々にマダイのポイントに移動する事にしました。今回のマダイポイントは、新規開拓で今まで気になっていた場所です。竿を出してアタリは、あるものの、ハリスがガタガタ、フグの猛攻を受けました。
日が落ちて、フグが落ち着くと、いきなりドラグが鳴り竿尻が跳ね上がりました。
ちょうどパンを食べていたので、パンを片手に、もう一方の手でスプールを押さえて、取り合えずあわせを入れました。そしてパンをポケットにしまって、やり取り開始、頭をよく振るのでマダイと確信、手前に藻があるのでうまくかわし上げて見ると、44cmと小さいながらマダイでした。
その後小さなアタリは、あるものの掛かりません、どうもグチとアナゴの様です。
天気が崩れる前に納竿。
取り合えず梅雨入りまでに小さいながら1尾釣上げる事が出来ました。
2011-5-21.jpg


スポンサーサイト
2011.05.29
早朝、マダイの様子を見に、大崎下島にやって来ました。
竿を出すものの、一向にアタリがありません。
夜が明けたので、キスの様子を見に行って来ました。
1時間ほど竿を出して見たらキスは、釣れるものの、まだ型が小さかった。
2011-5-15.jpg

エサが余っているので、取り合えずこれで納竿し夜出直す事にしました。
今度は、確実に釣れるキビレチヌを狙って、実家近くの波止に来ました。
満潮から干潮までの釣りです。
潮が少し下がって来ると、ドラグが少し鳴ったのでラインを少し送り、しばらくして合わせると、首を振りだしました。
引きを楽しみながら上げると40cmの良型でした。
しばらくアタリが遠のき、敷石が出て来ると、アタリが連続であり、30cm位の小ぶりなのが10分の間に3尾釣れました。その後アタリが無くなり納竿。
キビレチヌも結構引き味を楽しめるので、面白かったです。
2011-5-16-2.jpg
2011-5-16-1.jpg


2011.05.20
今日、なっちゃんを病院に連れて行き帰りにかめや釣具に寄って話しをしていると、もうじきスピンパワーの並継のニューモデルが出ると聞かされびっくり。
ダイワのプロキャスターとトーナメントサーフ パワートルクが気になっていたのに、スピンパワーまで出るとは、どれか1本手に入れたいな。


2011.05.12
今日は、先日の残りのエサを持って、実家近くの波止でファミリーフィッシングです。
釣り場到着が、ちょうど満潮でした。
遠投担当が私で近投担当が奥さんです。
しばらくチャリコの猛攻が続き、そろそろ遠投で釣れる水位になったので玉網を準備したら、
さっそく遠投にアタリが合わせると、ガンガン首を振っています。
寄せてみると42cmのキビレチヌです。
その後、近投に28cmのキビレチヌが釣れると、雨が降ってきたので納竿。
結局、キビレチヌ42cm、28cm、、クジメ、エソ、メバル、チャリコでした。
2011-5-7-1.JPG
2011-5-7-2.JPG


2011.05.12
今日は、大崎下島へマダイを狙いにやって来ました。
そろそろ釣れてもいい頃だと思い、様子見がてら、行ってみたのですが、アタリがありません。
このままでは、帰れないと思い。この前カレイを釣った蒲刈のポイントへ移動しました。
移動後2時間まずカレイが、その後ひったくる様なアタリが、合わせるとガンガン首を振っています。
寄せて見ると45cmのチヌでした。
これで、なんとか帰れそうなので、納竿。
結局、カレイ32cm~20cm4尾、チヌ45cm 1尾でした。
2011-5-4.JPG
2011-5-4-2.JPG


2011.05.02
4月でカレイの釣り納めをして、5月からマダイを始めようと思い、好調な江田島に行こうと思ったのですが、江田島のカレイが小ぶりになったようだと情報が入り断念。そろそろ、マダイが釣れだした様だし、うまく行けばカレイも狙えるかもと思い蒲刈に行く事にしました。
朝マズ目狙いで、3時過ぎに釣場に入り投げるもののアタリ無し、昼までやって見ましたが、釣れる気がしないので、カレイ狙いでポイント移動、4本ロッドを並べ15分間隔でさびいてアタリを待つ事1時間、スピンパワーをさびいていると、わずかにアタリがあったので、すぐに合わせて巻き取ると、ずっしりとした重量感と底に潜る感覚が伝わって来ます。手前の藻に来ると少し横に走りました。
うまく藻を抜き寄せると、良型のカレイです。ゆっくり抜き上げると、わずかに針が口に掛かっていました。アタリがあった瞬間に合わせたので掛かりが浅いと思い、慎重に巻き上げていたのが功を奏したようです。その後すぐに小さいカレイが釣れました。その後、波が高くなり、荒れて来たので、納竿。結局マダイは、駄目でしたが、カレイ37cm、28cm、イソベラ1尾でした。
底引き漁が終わり1ヶ月、ようやく蒲刈も復活した様です。

2011-4-30.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。