上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.24
今日は、新規開拓でと思っていたのですが、出発が遅くなったので、大崎下島で竿を出しました。
条件が悪いしエサも良いのが無いのであまり釣れる気がしません。準備をしていたら、誰かが声を掛けて来ました。振り向くと、見慣れた顔がありました。OK君です。どうやら、岡村島でメバルを狙っていた様です。
釣れた と聞くと、やっちゃった と返事が返って来たので、見せてもらうとアコウの36cmが出て来ました。
得意のジグヘッド青虫で釣った様です。さすが。
今日は、不思議と潮も動かず、エサ取りも釣れませんでした。
やはり、マダイは、条件が揃わないとダメなんだと思い知らされました。
次週は、沖縄旅行で釣りは、お休みです。
旅行の様子は、なつの軌跡で簡単に紹介しようかなと思っています。
  • 2014-6-15(V.2014_06_24__10_59_29).jpg


スポンサーサイト
2014.06.05
マリノの帝王から、安芸灘大橋すぐ近くのおすすめポイントがあるので、一緒に釣りに行ってもらえないかと誘いがあったので、今日は、帝王と出撃する事になりました。
とは言うものの帝王は、2時でないと家から出れないので、私は、先に別の場所で釣っていて、おすすめポイントで合流する事になっていたのですが、私も仕事が遅くなり、蒲刈に着いたのが0時位になりました。
大崎下島で釣って合流しようと思っていたのですが、時間が無いので、おすすめポイントの隣の波止で竿を出す事にしました。ここは、カゴ釣りで早くからマダイの実績が有り、2年位前までは、投げでも大型が上がっていました。去年は、大型アコウも上がっています。ただ流れが川の様に早く沖には、しもりも無いので、潮が緩まないと、すぐにラインが真横になってしまいます。来た時間が中途半端だった為、川の中で釣る事になりました。仕方がないので2本竿で、1本は、沖を流し、もう1本は、近投で根回りを釣る事にしました。
1時間位して帝王から今から出ますと電話があったので片付けていたら近投の竿にアタリが、上げて見ると、32cmの小さなアコウが釣れていました。
帝王が来たので隣の波止に移動。ここは、歩きが長いので徹夜の私には、キツイです。
ここも流れは、早いのですが、隣ほどでは、有りません。
しかし全くアタリ無し、夜が明けると、波止の内側でナブラが立ちました。スズキだと思います。
すると帝王の竿に待望のアタリが、上げて見るとグチでした。
しばらくすると私のコウジ専用仕掛けにアタリが、魚が走るのを待って合わせると、ずっしりと重い海面近くになってやっと暴れ出しました。上げると小さな42cmのコブダイでした。
これで終了。
帝王は、エサ代4千円も出してグチ1尾でした。
私は、小さなアコウと小さなコブダイでした。
潮が中途半端だったので魚も中途半端なサイズしか釣れませんでした。
  • 2014-5-31(V.2014_06_05__11_21_50).jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。