上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05.10
ようやくGWになり、今シーズン初の投げ夜釣りに行って来ました。
まずは、大崎下島で投げて見たのですが、風が強くなかなかポイントに仕掛けを落ち着かすことが出来ません。
それに、潮がほとんど動かない。
これでは、釣れません。
取りあえず朝まで粘ってみたが、エサ取りのアナゴだけでした。
まだエサが残っているので、蒲刈の以前から気になっていたポイントで投げて見ました。
ここは、カレイ、アイナメも釣れるのでと思い来たのですが、カレイの仕掛けは、エサが見事に残っていました。後から来た、釣りは、初心者だと言っていた、品の良い年配の方に、蒲刈のロケーションの良さを話していると、いきなり竿尻が浮き上がりました。合わせを入れるとガンガン首を振っています。
リールも巻けないので、マダイの良型の予感です。
しかし、しばらくすると急に軽くなりました。やってしまった。
スッポ抜けです。しかもよく見ると針の上には、なんと海ケムシが付いていました。
海ケムシの口を針が貫通して針がケムシの横から出ていたので、私の推測では、まず海ケムシがエサに食いつき、まだエサがケムシの口から出ている時に、タイがエサに食いついたのでは、ないかと思います。
もう少し合わせを遅らせておけば捕れていたかもしれません。残念。
今度は、夜この釣り場でリベンジです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ky9052.blog.fc2.com/tb.php/125-17892b55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。