上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、仕事や用事で思うように出撃出来ません。
今日も、出発が遅れた為、思った場所に入れませんでした。
別の場所で始めたが、あまりにもフグの活性が高く断念。
別の場所に移動し、夕マズメに掛ける事にしました。
しかし今度は、生体反応が無く、狙いを変えて夜の部に突入。
すると、120m投げていたスピンパワーのドラグが鳴り始めました。
しばらく走って止まったので聞いてみると、強い引き込みが合ったので合わせると、急に軽くなりました。
痛恨のラインブレイク。
カレイ狙いだったのでPEの力糸を使用していた為、結び目が切れたようです。
横着をせずにマダイ用のスプールに変えておけば良かった。
ナイロンのテーパーラインだと14号が主流ですがこれだと、フルキャストすると切れてしまいます。
だから、遠投するカレイは、PEの力糸を使用しています。
マダイは、120m投げれば十分なのでナイロンを使用しています。
切れたラインは、ドンペペ8ブレイドの1.5号です。
安くて、強くて飛距離も投げ用と変わり無いので良いと思ったのですが、PEとPEの摩擦系ノットが悪いのか、結束強度が弱いのか、しばらく検証して見ます。
12月になるとカレイの本格シーズンなのに、マダイに執着してしまいます。
倉橋では、良型のマダイが上がっている様ですし。
取り合えずカレイの30後半を釣って、カレイにシフトして行きたいです。
今シーズンも座布団をゲットしたいですね。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。