上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、潮が小さいので何処で釣ろうかと悩んだのですが、蒲刈が復活しているならこの潮でも釣れると思い蒲刈に出撃しました。

明け方に釣り場に到着しまず、ボーズのがれの為、シーバスロッドでチョイ投げ。

今、キビレの活性が高い為、すぐ反応があるはず。
予想通り、カレイの準備をしているとすぐに、ロッドが跳ね上がりました。

キビレです。
藻が手前にあるので、やり取りが楽しい。
上がって来たのは、38cmのキビレでした。

そして、続けて準備しているとすぐ横でガサガサ音がするので見上げると、黒い物体が飛び去って行きました。
よく見てみると、朝食と昼食用で買っていた5個のパンが2個しか無い。
何とカラスがパンを咥えて逃げて行きました。

エサ取りは、エサ取りでも違うエサ取りで新たなる敵の出現です。

ちょっと荷物から離れるとすぐに やつは、現れます。

対策を立てなくては。

カレイの反応は、中々有りませんが取り合えず掛けあがりを探してその近辺を集中攻撃。

すると昼過ぎにサーフランダーにアタリが、ずっしりと重量感があります。

やっと来ました。35cmのカレイです。サーフランダー絶好調です。

この付近に的を絞って投げていると、来ました2尾目34cmのカレイです。

このカレイは、生かして生き造りにする事にしました。

結局釣果は、カレイ35cm、34cm   キビレ 38cm、30cm。

30cmのキビレは、小さいのでリリースしました。

ここのカレイは、まだ、身が若干薄く5月いっぱいまで釣れそうです。

34cmのカレイは、生きたまま捌けたのでコリコリで美味しかったです。

さて、ゴールデンウィークは、どこで釣るかな。


2015-4-26-1.jpg


2015-4-26-2_20150428235203d45.jpg


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村


投げ釣り ブログランキングへ




スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。