上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きなのですが、釣りが終わって道具を片づけていたら、何とスピンパワーのリールシートが動きません。
これでは、リールが外せないので、かめや釣り具に持って行き、そのままシマノへ入院となりました。

このスピンパワー数カ月前にリールシートから異音がするのでクレームで出すと、#3が新品で帰って来ました。
そして、今日 初めて使って、この状態です。

シマノの品質管理は、どうなっているのでしょう?

今まで、スピンパワーは、3世代所有して来ましたが全てまともな物は、ありませんでした。

1本目は、キャストしたら#1の真ん中が折れてクレームで出すと異常無しでクレームは、通りませんでした。
つまり扱いに問題が有るんじゃないの て事でした。さすがに折れてしまうとクレームは、通らない様です。

2本目は、同じく#1の根元付近にクラックが入り入院。
これは、クレームは、通ったのですが、帰って来たロッドを見ると少し違和感があり、ガイドを良く見るとおかしい。
チタンのガイドが付いているはずなのに、何故か2か所だけステンレスが付いていました。
これで即入院。
そして退院後、しばらく使用していると、再び まったく同じ場所にクラックが入り入院。
おそらく塗装だけやり替えたのでしょう。
さすがに、新品で帰って来ました。

3本目は、キャストするたびにバキバキとリールシート付近から異音がするのでクレームで入院。
#3が新品で帰って来ました。
そして今回の入院。

あまりにも酷過ぎます。

高価なロッドなので、ちゃんとした品質管理をして欲しいです。

さすがに今度モデルチェンジしても、もうスピンパワーは、要らないかな。

折れなければ、良いロッドなのに残念です。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村



投げ釣り ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。