上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.05
今日も、潮が非常にいいので真鯛を狙って大崎下島にやって来ました。
前回と同じ場所です。K君は、早く竿を出したいということで会社から帰ってすぐに来たようです。
私は、ゆっくりと食事をして1時間仮眠を取って出発しました。
釣場に到着し様子を見ると潮があまり動いていません。今日は、二人なので竿は、3本で攻める事にしました。
投げてしばらくするとアタリが、ドラグが少し鳴り止まる。こんな状況がしばらく続き4回目で針掛かりしたもののすぐ外れてしまいました。食いが渋い様です。
そうこうしていると、地合がせまって来ました。するとまた、アタリが今度は、ドラグの出が良いので合わせるとゴンゴンと首を振ります。しかしすぐに動かなくなりました。藻に入られた様です。
仕方が無いので、ラインを少し緩め待つことに、ふとK君を見て見ると爆睡モード突入中です。せっかくの地合なのに。
時間がもったいないので起こし、潜られたロッドをあおって見ると、こちらに寄って来ます。ここぞとばかりポンピングで浮かせて足元まで持って来ると、
前回より大きな真鯛です。抜き上げは無理なのでK君に竿を持っててもらい、引き上げて見ると、61cmの真鯛です。
見事サイズアップです。すぐに、OU君からTELが有り釣れた事を話すと、夜勤が終わったので、今から行きます。と意気込んでいました。
夜が白み始める頃OU君到着、釣れる時間は、後2時間位なので急いで準備し、アタリを待つものの反応無し。
その後アタリは、無くK君は、海ケムシを大量に釣っていました。
よそで太刀魚を釣っていたHI君が釣れないので合流。
もう夜が明けたので違う釣場に移動する事にしました。ここでK君は、終了。
とにかく大きな魚が釣りたいと言うOU君のリクエストに答えて岡村島に移動。
ここは、最近夜が明けてから、フカセで大きな真鯛が上がっています。
先客が2組、投げが1組、フカセが1組です。波止は、釣りやすそうなのですが、流れが速いので、間隔をあけないとお祭りしてしまうので、一番奥で竿を出す事にしました。
先客の様子を見ていると、投げ竿が大きく曲がっています。見に行くと根に潜られたようです。話しを聞くとコブダイのようです。
ラインを緩めて待って見る様です。フカセの人に話しを聞くと、ここは、コブダイがよく釣れるらしい。真鯛も釣れたけど、夜は、ダメで昼間の方がいいようです。
そうこうしていると、先ほどの投げの人が潜られた魚を上げました。見に行くと、70オーバーのコブダイでした。
私たちは、アタリが無く2時間ほどで移動、蒲刈に戻って来たけどここもアタリが無く昼過ぎに納竿。
結局真鯛61cmが1尾のみでした。
しかし、前回よりサイズアップする事が出来、満足な結果でした。
次回は、更なるサイズアップを目指したいと思います。2010-5-29.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ky9052.blog.fc2.com/tb.php/50-4ec7be64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。